Japanse Shindo Garden

ヒストリー

Earlier view of the garden [クリック(拡大)]

この庭園は長年に及ぶ試行錯誤から生まれたものです。ヒントは日本庭園協会から出版されている"Create Your Own Japanese Garden"から得ました。従来の庭園を日本風に変えていくには十分な計画作りがまず大切です。しかし禅のシンボルをうまく取り入れ、かつ陰陽のバランスも考え庭園をデザインしていく過程は簡単なものではありませんでした。実際に庭園を作りはじめてからも、合計60トンにものぼる敷石をすべて手作業で並べるなど、大変な力仕事を要求されることもありました。新しい庭園を特徴づける楓(カエデ)や盆栽は新しく購入しましたが、従来の庭園(1990年)にもあった8割の木々もそのまま残してあります。2004年の完成以降、多くの庭園愛好家が訪れています。

Final view of the garden [クリック(拡大)]

2006年からは庭園を拡大するための作業をはじめました。一つ目は現在の禅庭園、二つ目は様々なスタイルの盆栽が楽しめる盆栽庭園、そして三つ目はヨーロッパでも珍しく、日本の花々だけを集めた庭園です。まだ新しい区画は作業半ばですが完成に向けて日々作業を進めています。毎年違った趣向をこらして、庭園作りを心がけています。色鮮やかな花々が訪れる皆様の目や五感を楽しませてくれることでしょう。

Japanese Flower Garden [クリック(拡大)] Visitors center [クリック(拡大)]

トップにもどる